FORGING 鍛造製法/削り出し製法とは

誇り高きクラフトマンシップが
生み出す鍛造製法の結婚指輪

マリッジリングの製造は2種類に大別されます。
ひとつは板状の地金からリングを作り出す「鍛造製法」、もうひとつは型に地金を流し込んで作る「鋳造製法」です。

ゲスナーのリングはドイツの鍛造製法により作られています。

「鍛造製法」は地金を繰り返し圧延し、滑らかで弾力のあるリングを作る製法です。
地金を「鍛える」ことで素材は引き締まり、加工硬化と呼ばれる金属組織の変化が起こります。これにより密度が高く、強い指輪になります。鋳造製法に比べて変形しづらく、硬度も高いというメリットがあります。手にしたときの重量感や質感、輝きなどにも違いが認められます。

「丈夫」、「真円」「つなぎ目がない」、究極の結婚指輪の作り方

1. 貴金属素材を配合し高温で溶かす。

地金の配合はリング製作の基礎となる工程です。素材の配合の微妙な違いで、カラーと硬度は変わります。

溶かした地金をるつぼから板材の金型に流し込みます。

2. 地金板に成形し圧延を繰り返す。

型から抜いて冷ました後、圧延を数十回繰り返し、地金の密度を上げていきます。

高強度、高剛性、高精度を求められる自動車や航空機の精密機械パーツなども、この鍛造製法で作られています。

3. 圧延した地金からリングを打ち抜いていく。

パンチングマシンを使い、ベースリングを打ち抜きます。切ったりはがしたりではなく、「打ち抜く」ことで、さらに硬度が上がります。

4. サイズ調整、デザインにあわせた加工工程。

デザインにあわせて切削、彫刻、石留め、研磨など加工を行います。

指示書通りの商品になるまで、それぞれの工程で、多くの職人の手が関わります。

コンビタイプのリングを作る際は、複数色のリングを誘導加熱という方法で 溶圧着します。

CNC と呼ばれるコンピュータ制御の精密切削機を用い、切削作業を行います。削り出しにはダイヤモンド刃のカッターが使われます。

地金に石穴をあけダイヤをひとつひとつ合わせていきます。ダイヤモンドのセッティング、留めは手作業。職人技の見せ所です。

5. 仕上げと検品。

鏡面やマットなど、デザインに応じて仕上げていきます。ベーシックなフォルムに、モダンなセンスを取り入れた華やかさが、ゲスナーの特徴です。

全行程の最後に、ルーペを使用して入念に検品。

磨き仕上げから検品まで、すべて職人の手で行われます。ようやく日本に向けて発送されます。

完成したリングは、靭性( 素材の粘り強さ) が高く、傷がつきにくいという特性を持ちます。その結果、仕上げ直しなどのアフターケアが最小限で済み、末長くご使用できます。